2006年度 いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2006」発表 船越英一郎さん・松井一代さん ご夫妻に決定!

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2006」発表 船越英一郎さん・松井一代さん ご夫妻に決定!

「いい夫婦の日」をすすめる会では例年、11月22日に向けて理想のカップルを公募しています。今年も「パートナー・オブ・ザ・イヤー2006」と銘打ち、広く一般から募集しました。募集期間約2ヶ月間で、はがき、インターネット、携帯サイト、FAXを通じて応募総数は30,825件。人々の関心の高まりに驚いています。

データ集計をし、上位20位から今年度のテーマ、支え合いながらともに生きる “ふたりで、歩こう。”にふさわしいカップルを審議した結果、栄えあるパートナー・オブ・ザ・イヤー2006には、船越英一郎・松居一代さんご夫妻が選ばれました。 決定した理由は以下の通りです。選考は、得票数だけではなく、その推薦理由や社会背景を参考にしています。船越英一郎・松居一代ご夫妻への推薦理由で他より目立ったキーワードは、献身的、絆、明るい、元気という言葉でした。また、お二人の姿に励まされて病を克服した。元気になった、という感謝のコメントがあったことも特徴です。それらは、少子高齢化、団塊世代の退職、年金問題、健康など社会に不安を感じる人々が、テレビを通して、ドラマで活躍される俳優としだけではない、お二人の夫婦として素顔、情愛や生き方を敏感に感じ取り、夫婦のお手本として共感されたのだと思います。

ご夫妻に円満の秘訣を伺ったところ「入籍した日に決めたことは、やっと家族になれたのだから主人と私が持っている一番優しい声で生涯話すことを約束しました」とのこと。 平坦な道だけではない人生という道を、時には前になり後ろになりながらも、夫婦で歩いていく。今年の「ふたりで、歩こう。」という「いい夫婦の日」のテーマにふさわしいカップルとして船越英一郎・松居一代さんご夫妻に決定させていただきました。

Episode -エピソード-

「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2006の決定に際し、結婚、結婚生活にまつわるエピソードをお伺いしました。

Q1

船越英一郎さんと松居一代さんの出会いを教えて下さい。

船越さん

テレビの情報番組で共演したことが出会いです。

Q2

プロポーズの言葉を教えてください。

「血よりも濃い関係を努力したら築くことができる」
私には息子がいたので、その息子と血縁関係はありませんがそれよりも強いキズナを努力したら築き上げることができるという意味です。

Q3

お互いの好きなところを教えてください。

船越さん

全ての事に全力投球できるパワーとバイタリティー。そして何より家族を守る為ならどんな努力も惜しまない。愛情に満ちた姿勢。

松居さん

人の悪口を決して言わず、どなたに対しても優しいところでしょうか。私と息子を命を掛けて守ってくれているところですね。

Q4

夫婦円満の秘訣を教えてください。

入籍した日に決めたことは、やっと家族になれたのだから主人と私が持っている一番優しい声で生涯話すことを約束しました。二人の趣味は共に「家族づくり」です。家族ほど温かく素敵なものはないと思います。母子家庭10年後につかんだ世界一の夫、そして世界一のおとうさんだと感謝しています。

皆さんの理想のカップル20位

集計の結果、上位20名は下記のようになりました。この方々から2006年度の「ふたりで、歩こう。」というテーマにふさわしい船越英一郎・松居一代さんご夫婦を選出させていただきました。今年の応募の推薦理由として目立ったのは、出産や子育てでした。また、例年にまして、ご自分のご両親を推薦された方々も多く、インターネットの浸透を反映し、子どもたちから「パパとママ」への応募もありました。

皆さんの理想のカップル20位

皆さんの理想のカップル20位

公募期間:平成18年8月10日~10月20日 応募総数:ハガキ 6,238通 インターネット(携帯サイト含む) 24,587件 総数 30,825件

今後とも「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」をご支援賜りますようお願い申し上げます。

IEON

ZOJIRUSHI

ブルボン