2007年度 いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2007」発表 ヒロミさん・松本伊代さん ご夫妻に決定!

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2007」発表 ヒロミさん・松本伊代さん ご夫妻に決定!

「いい夫婦の日」をすすめる会では例年、11月22日に向けて理想のカップルを公募しています。今年も「パートナー・オブ・ザ・イヤー2007」と銘打ち、広く一般から応募をつのりました。約2ヶ月の応募期間中、はがき、インターネット、携帯サイト、FAXを通じて集まった総数は34,582件。年々、人々の関心が高まっていることを実感しています。

パートナー・オブ・ザ・イヤーの選考は2段階になっています。まず一般応募のデータを集計。上位20位をノミネートし、今年度のテーマ、“ふたりで、作ろう。”にふさわしいカップルを審議します。その結果、今年の栄えあるパートナー・オブ・ザ・イヤー2007は、ヒロミ・松本伊代さんご夫妻と決定しました。

選考は一般応募の得票数だけでなく、その推薦理由や社会背景を参考にしています。ヒロミ・松本伊代さんご夫妻への推薦理由で目立ったのは、意外性、自然体、友だちのよう、恋人のよう、といった言葉でした。「ヒロミさんは、ぶっきらぼうのように見えて意外にやさしい」。「松本伊代さんは、頼りなさそうに見えるけど夫のヒロミさんを包み込んでいる感じ」。「いつまでもかわらず友だちみたいに仲がいい」、「今も恋人どうしのように愛し合っている」といった声に代表されるように、無理や背伸びをすることなく、自然体で愛し合い、信頼しあっているその姿は、まさに「ふたりで作る」理想のカップルとして大勢の方から、賛同の声が寄せられたものだと思います。

そんなヒロミ・松本伊代さんご夫妻に、夫婦円満の秘訣をお聞きしたところ「良い意味でお互いにあまり干渉しないこと。と言っても今までは、互いに仕事や子育てが忙しく、生活の時間がある意味良いバランスでずれていたのかもしれません。最近は子どもも大きくなってきて、夫婦の時間が作れるようになってきているので、すごく新鮮な感じがします。」とのこと。やっぱりイメージの通り、私生活でも自然体なおふたりなんですね。ちなみに、お互いの好きなところは?という質問に対しては、松本伊代さんは「一見乱暴なイメージだったけど、実は意外にマジメでやさしいところ。」、ヒロミさんは「全部。」というお答えでした。いつまでも若々しく、仲良しのご夫婦であってほしいおふたりです。

Episode -エピソード-

「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2007の決定に際し、結婚、結婚生活にまつわるエピソードをお伺いしました。

Q1

ヒロミさん、松本伊代さんの出会いを教えてください。

ヒロミさん

「オールナイトフジ」(フジテレビ)で出会いました。その時から、ゴルフや食事にスタッフなどとみんなで行くようになりました。いつ頃だったか、ヒロミさんが「メロンジュースを家に飲みに来ない?」というお誘いをきっかけに、その辺りから2人で遊びに行くようになりました。

Q2

プロポーズの言葉を教えてください。

特にプロポーズの言葉はないのですが、ヒロミさんが突然車中で、「万馬券が当たったんだ。」と言って、指輪を渡されました。

Q3

お互いの好きなところを教えてください。

ヒロミさん

 全部。

伊代さん

テレビで見ている頃は、すごく乱暴で不良のイメージだったのですが、意外にマジメで優しい所です。

Q4

夫婦円満の秘訣を教えてください。

良い意味でお互いにあまり干渉しないこと。とは言っても、今まではお互いに仕事や子育てが忙しく、生活の時間も良いバランスでずれていたのかもしれません。最近は、子供も大きくなってきて、夫婦の時間が作れるようになってきているので、すごく新鮮な感じがします。

皆さんの理想のカップル20位

集計の結果、上位20名は下記のようになりました。この方々から2007年度の「ふたりで、作ろう。」というテーマにふさわしいヒロミ・松本伊代さんご夫婦を選出させていただきました。

皆さんの理想のカップル20位

皆さんの理想のカップル20位

公募期間:平成19年8月1日~10月19日 応募総数:ハガキ 8,702通 インターネット(携帯サイト含む) 25,880通 総数 34,582通

今後とも「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」をご支援賜りますようお願い申し上げます。

IEON

ZOJIRUSHI

ブルボン