2008年度 いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2008」発表 朝原宣治さん・奥野史子さん ご夫妻に決定!

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2008」発表 朝原宣治さん・奥野史子さん ご夫妻に決定!

「いい夫婦の日」をすすめる会では例年、11月22日に向けて理想のカップルを公募しています。「パートナー・オブ・ザ・イヤー2008」と銘打ち、今年も広く一般から応募をつのりました。約2ヶ月の応募期間中、はがき、インターネット、携帯サイト、FAXを通じて集まった総数は29,709件。その結果、栄えある「パートナー・オブ・ザ・イヤー2008」は、朝原宣治さん・奥野史子さんご夫婦に決定しました。

選考は一般応募の得票数だけでなく、その推薦理由や社会背景を参考にしています。朝原宣治さん・奥野史子さんご夫婦への推薦理由で目立ったのは、「夫婦愛」「内助の功」「理想のふたり」といった言葉でした。「一度は引退しながらも北京オリンピック出場を決めた夫と、それを支え続けた妻」「メダリスト同士のカップル」「18年支え合った仲」「夫婦としてお互いを高め合っている」といった声に代表されるように、大きなプレッシャーを背負いながらの夫婦一丸となっての努力や家庭生活がうかがえる思いやりに満ちた夫婦関係が、今年のテーマ“ふたりの笑顔”にふさわしいとして、大勢の方から賛同の声が寄せられたのだと思います。

そんな朝原宣治さん・奥野史子さんご夫婦に、いくつかの質問をさせていただきました。まず、お互いの好きなところは?という質問に、朝原さんは「選手時代、僕が競技に集中できる環境を完璧に整えてくれていた」、奥野さんは「自身の考えや目標がしっかりしていてブレない」とお答えいただきました。やはり実際の夫婦関係も、活躍する夫とそれを支える妻というイメージどおりのお二人なのですね。また、夫婦円満の秘訣は?という質問には、「思いやりを持ち、お互いの長所、短所を理解して、尊敬しあうこと」とのこと。大学時代から育んできたお二人の関係はまさに理想的。いつまでも、素敵なご夫婦として走り続けてほしいお二人でした。

朝原宣治さん・奥野史子さん 直筆色紙

Episode -エピソード-

「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2008の決定に際し、結婚、結婚生活にまつわるエピソードをお伺いしました。

Q1

朝原宣治さん、奥野史子さんの出会いを教えてください。

朝原さん

大学の授業で同じ教室に。共通の友人から紹介された。体育会のメンバーは基本ジャージで授業に出ることが多い中、パリッとシャツをおしゃれに着こなした朝原君に好印象。たまたまその日、下宿に引いた電話番号が決まり、それを奥野へも渡した。数日後、奥野は友人宅で「そう言えば!」と電話番号をもらったことを思い出し、電話したところ、朝原君下宿へのコール第1号だった。

Q2

プロポーズの言葉を教えてください。

交際期間が長く、どっちからどのように言い出したのか、二人とも覚えていない、、、 そういう次元を超えた愛なのか???

Q3

お互いの好きなところを教えてください。

朝原さん

選手時代、僕が競技に集中できる環境を完璧に整えてくれていた。元アスリートで価値観も合う。

奥野さん

長い間現役でいられたのは、自身の考えや目標がしっかりしているから。そんなわが道を行く、というのがブレない。

Q4

北京オリンピック出場のきっかけとなった奥様の言葉があれば教えてください。

朝原さん

その言葉自体がきっかけになった訳ではないが、「現役を続行し、北京を目指したい」と競技のことについて初めて相談した時、『ボロボロになるまでやったらええやん』と背中を押してくれた。

Q5

ご夫婦にとっての北京オリンピックとは?

抽象的で何といったら良いか分かりませんが、結果として家族にとって最高の五輪となりました。

Q6

夫婦円満の秘訣を教えてください。

思いやりを持ち、お互いの長所、短所を理解しているので尊重しあうこと。

皆さんの理想のカップル20位

集計の結果、上位20名は下記のようになりました。この方々から2008年度の「ふたりの笑顔。」というテーマにふさわしい朝原宣治・奥野史子さんご夫婦を選出させていただきました。

皆さんの理想のカップル20位

皆さんの理想のカップル20位

公募期間:平成20年8月1日~10月17日 応募総数:ハガキ 8,451通 インターネット(携帯サイト含む) 21,258通 総数 29,709通

今後とも「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」をご支援賜りますようお願い申し上げます。

IEON

ZOJIRUSHI

ブルボン