第13回日本写真館賞

「いい夫婦の日」をすすめる会賞 受賞作品発表

第13回日本写真館賞「いい夫婦の日」をすすめる会賞が選出されました。2019年4月23日(火)に審査会が行なわれ、多くのすぐれた作品の中で狩野 雅典さんの作品『と、或る記念日に。』が選出され、6月18日(火)パシフィコ横浜での表彰式で受賞されました。
「いい夫婦の日」をすすめる会の理念でもあります「夫婦がおたがいをいつくしみ、思いやる心」を見事に表現されました。受賞者には表彰状が授与され、モデルとなったご夫婦には、いい夫婦の日をすすめる会より『フォトジェニック賞』として下記の副賞が贈られます。

フォトジェニック賞(全3点)

  • 一般社団法人日本百貨店協会:全国百貨店共通券
  • 公益社団法人日本ボウリング場協会:ボウリング1ゲーム無料券 10枚
  • 鳴海製陶株式会社:ペアティー・コーヒーセット

「いい夫婦の日」をすすめる会賞 受賞作品

狩野 雅典
伊勢丹写真室「アレーズ」
と、或る記念日に。

この度は、「いい夫婦の日」をすすめる会賞に選んで頂きまして誠に光栄でございます。 日本メンズファッション協会の皆様、審査委員の皆様、日本写真館協会の皆様、ラボの皆様、日々切磋琢磨し多くの刺激を与えてくれる職場の仲間、環境にとても恵まれておりました。 本当にありがとうございます。

また、何よりこの機会を創ってくださったお客様ご夫婦に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

お二人と、そしてわんちゃんと、とても良い雰囲気とリズムが自然な笑顔の一瞬を生み出してくださいました。この素敵な関係に心から憧れを感じております。

これからも、眼に見えぬその人柄、絆、流れている空気を、写真という一つの表現手法で捉え、お客様にとって形に残る一つの思い出として感じていただければ幸いと思います。

「いい夫婦の日」をすすめる会賞 選定理由

広告写真家が“ぶっきらぼうに”アンブレラ1灯で撮ったような作品ではあるが、とても良い写真である。
日本ではなかなか見られないポージングはアメリカ風で、この夫婦のステキな関係を表現しており、“二人の時間を大切にする”という「いい夫婦の日」の活動テーマにふさわしい写真である。
この賞を創設以来、受賞作品は毎年、「いい夫婦の日」のポスターに採用されているが、この作品をポスターにした場合、注目度が高く、しかも長く印象に残ると思われる。
カジュアルな服装での撮影、モノクロ表現にも成功し、おしゃれな「記念日の写真」になった。

表彰式当日の状況

表彰式 6月18日(火) パシフィコ横浜で表彰式が行われました。

IEON

ブルボン